FC2ブログ

Entries

コールデコット賞の絵本

家族で本屋さんへ
本屋のキッズコーナーは、良い本を厳選して置いてあるので 図書館よりも 選びやすいです。

今年度のコールデコット賞の絵本が本屋に飾られていました。どうやら 2010年度コールデコット賞が発表されたばかりのようです。

ペーパーバックもたくさん置いてありました。ハードカバーより手軽でいいです。

以前楽天ブログに書きましたが、コールデコット賞 The Caldecott Award は、年に一度、アメリカで出版された絵本の最優秀作品の画家に対して贈られる賞です。

絵の素晴らしい作品を選出するということですが、作品達の中には 一体どこが優れた絵なのかしら?と思っちゃうものもあり、、、 しろうとですから ははは!

個人的には鮮やかな色彩や、淡くてもかわいらしいトーンの絵が好みですが、どちらかというと 渋めで地味ぃ~な感じで、モノトーンだったりセピア調だったりという印象の本も。読んでて眠くなりそうな、、、あ!寝かしつけに最適って ?


受賞作品の「The Lion & the Mouse」裏表紙にねずみが全面に描かれていて興味をソソります
しかもこれは力強く鮮明な描写で強インパクト!
なんと文章が無い絵本。

これにオナーブックの「All the World」と「Red Sings from Treetops: A Year in Colors」、早速図書館でオンライン予約しちゃいました。探すより断然ラクチン。

サイトで予約→ハガキでお知らせ→最寄の図書館で受け取り
便利です。なんとヒロから取り寄せた絵本もありました。

とヨコミチにそれてもひとつ。
図書館ではコールデコット賞の他にニューベリー賞 The Newbery Award や、ネネ・アワード Nene Award いう絵本コーナーがあって、聞いてみました。

本の内容や構成など文学としての中身が優れた絵本に贈られるのがニューベリー、ハワイにおいて子供(小学生の中高学年らしい)が自分達で投票して選ばれるのがネネなんだそうです。へぇ~
いつか スティッチもいっちょまえにネネを選ぶ時期が来るのね。楽しみのようなちょっと怖いような・・・苦笑
スポンサーサイト



Extra

プロフィール

♪りんりん♪Hawaii

Author:♪りんりん♪Hawaii
元広告会社勤務、家事や育児とは遠い生活をしていた私がなぜかハワイでママに。旦那は生まれも育ちもハワイ、の日系アメリカ人。娘は2005年9月1日生まれ。

楽天からこのFC2に引っ越そうとしましたが、使い慣れて見やすい画面の楽天にやっぱ落ち着いた。。。

http://plaza.rakuten.co.jp/kenikes721/
こちらはまだまだ(気ままに)更新中~

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ