FC2ブログ

Entries

流産と薬、そして友人の慰め

ありがとうございました。
まだ、精神的に立ち直っているわけではなく、かなり「壊れた」状態もありますが、体のほうは順調に回復に向かっております。

というより、そもそも 母体には全く何の異常も痛みもないまま、子宮の状態も良好、赤ちゃんの体自体は通常通りなのに、赤ちゃんの心臓だけが動いていなかった状態でした。

友達モンチュターは、日本で看護婦をしていて、流産のケースをいくつも(何年も)見ているので、今回の私のケースが非常にまれだと言っています。私は自分がまれな状況であることが悲しく、また
赤ちゃんが死んでいると分かった金曜日の前日、木曜日まで赤ちゃんは生きていたと信じている一人(旦那も)です。

私は、細かくどうだと考えられる余裕が無いので、イマイチ頭の回転がいつにもまして(笑)鈍くなっているのですが、確かに木曜日の夜、モンチュターや他のクラスメートと一緒にいた「秋ターム終了パーティ」ではつわりがありました。

何の前触れもなく、出血も無く、痛みも無く、何か変化があったとすれば、その薬を飲んだことに他ならない、という旦那とモンチュターの意見が一致しています。

もちろん、妊娠中に使用してもほぼ大丈夫、ということですが、旦那曰く「100%安全とはされてないのに一般的に大丈夫とはいえ、処方するなんて」と言っております。
さらに、同じ病院とはいえ、違う先生が処方しています。そのことも何だかなあ、とやはりここでも旦那&モンチュターは同じ意見です。

薬が心臓を止めることって、あるんでしょうか・・・?
金曜日に確認して来ますが、なんだかもやもやとした気持ちは拭えなくなってしまいました。
まぁ 細かく考えても 仕方がないのかもしれませんが。。。

そして、隣の奥さん(日本人でやはり旦那が日系人)は、日本から持ってきたとかいう「あじの開き」と、「蟹ぞうすい」を作って持ってきてくれました。すっかり私たち夫婦はお世話になってしまいました。そんな気遣いも嬉しく、涙が止まりませんでした。。。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://stitchhawaii.blog94.fc2.com/tb.php/407-e98a8a76
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

♪りんりん♪Hawaii

Author:♪りんりん♪Hawaii
元広告会社勤務、家事や育児とは遠い生活をしていた私がなぜかハワイでママに。旦那は生まれも育ちもハワイ、の日系アメリカ人。娘は2005年9月1日生まれ。

楽天からこのFC2に引っ越そうとしましたが、使い慣れて見やすい画面の楽天にやっぱ落ち着いた。。。

http://plaza.rakuten.co.jp/kenikes721/
こちらはまだまだ(気ままに)更新中~

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ